地域のかかりつけ薬局を目指して。

サービス

介護施設向けサービス

医療機関から発行される処方せんもとの調剤管理業務に加え、有料老人ホームをはじめとして、特別養護老人ホーム・軽費老人ホーム・グループホームといった介護施設を対象とした院外処方せんの調剤管理業務について、積極的に推進しております。

青い鳥薬局の介護施設向けサービスの流れ

青い鳥薬局の介護施設向けサービスの流れ

介護施設様のメリット

  1. 青い鳥薬局では、利用者さまごとの請求書の発行や自動集金を行うこともできるため、施設さまの手間を省き、事務作業の負担を軽減します。
  2. お薬の一包化、用法ごとに色を付けること、粉砕、分包紙のホッチキス止め、他薬局のお薬の一包化を行うここともできるため、施設看護師さまの作業の負担を軽減します。
  3. 後発医薬品(ジェネリック医薬品)を多く在庫しているため、後発医薬品に変更してもらうことにより、利用者さま(患者さま)の医療費負担を抑えることができ、入居者の不安の一つである経済的負担を減らすことが可能です。

青い鳥薬局における在宅医療について

薬局の在宅医療とは?

来局することが困難な患者様の為に、ご自宅に訪問してお薬を届けるサービスで、訪問薬剤管理指導が行われます。

当薬局が提案する訪問薬剤管理指導とは
ご家族やケアマネジャー、ヘルパー、医師、訪問看護等と連携を取り合い、患者様の療養生活の向上を目的としたサービスを行います。
他職種の方々と情報交換を行いながら、その方にあった薬剤(剤型等)の提案も行います。
また、緊急時には、すぐに臨時薬をお届けするといったサービスも含まれます。
手持ちのお薬が切れる、といった心配から解放され、ピルケース等での管理により、格段に服薬コンプライアンスが向上するケースもあります。
また、当薬局の薬剤師は、以前緩和ケアチームに所属していた経験があり、麻薬による疼痛コントロールの知識もあるため、そのような緩和医療が必要で、自宅で療養されたい患者様への手助けも可能です。
また、1週間に1回の訪問が可能ですので、お薬カレンダーへの薬剤のセットも承ります。内服忘れの多さによっては主治医へ服薬タイミングの変更などを提案させていただき、患者様に合わせた服薬設計をすることができます。

青い鳥薬局の在宅医療サービスの流れ

  1. STEP 1
    患者さま(ご家族)やケアマネジャー、ヘルパー、医師、訪問看護師からの連絡・相談
  2. STEP 2
    かかりつけの医師に、薬剤師の在宅訪問について同意を得ます。
  3. STEP 3
    患者さま(ご家族)に、薬剤師の在宅訪問について同意を得ます。
  4. STEP 4
    ご訪問・服薬支援

flow_02_pc

在宅医療ってどんなサービスを受けられるの?

  • 医師の処方せん指示に基づいて調剤したお薬をお届けします。
  • お届けの際、薬についての効果や副作用などの説明を行います。
  • お薬の一包化、用法ごとに色を付けること、粉砕などのご提案なども行います。(最新の薬剤分包機を導入しているため、患者さま(ご家族)ごとにさまざまな要望にお応えすることができます。)
  • 訪問の日時は、患者さま(ご家族)やケアマネージャーと相談して決定します。
  • 医師やケアマネジャーに対して情報提供し、地域一体として患者さま(ご家族)をサポートします。

料金について

介護保険を利用すれば、お薬代の他に、別途1回の訪問で503円です。

  • 特別な場合を除き、何度訪問したとしても、月最大4回までの算定となります。
    例:今日訪問して、3日後にまた処方箋が出て、再度訪問した場合⇒1回目の算定日から起算して、なか6日以内での再訪問なので、503円はかかりません。

ページの先頭へ戻る